ライトエギング 釣り

小型のイカを釣るライトエギングのやり方

ライトエギング

イカ

エギングと言えばアオリイカを釣るアオリイカのエギング一番ポピュラーですね。

今回はケンサキイカの新子やヒイカをライトエギングで釣る方法を解説していこうと思います。

ケンサキイカ

対象イカ

  • ケンサキイカ新子
  • ヒイカ

シーズン

  • 8月~10月
  • 10月~11月

私の居住地兵庫県でのシーズンです

時間帯

基本的には夜に良く釣れますが、日中も釣れる事はある。

ロッド&リール

ロッド&リールは秋アオリイカエギングタックルでも出来ますが、ライトエギングはより軽いエギを投げますし、とにかくアタリが小さいので、メバル&アジングタックルがベストです。

ライン

  • メインラインはPE0.3~0.5号
  • リーダーはフロロ1.5~1.75号

仕掛け

仕掛けはヤマシタのアシストリグリーダーで間違い無しです。

アシストリーダー

この仕掛けは解くのが大変なんです!焦らずにゆっくりと解いて下さい。

エギ

  • エギは1.5~2号

私はこの1.8号エギ2種をメインで使っています。

スッテ

  • スッテは3.8~7センチ

スッテはおっぱいスッテがメインです。

仕掛けの作り方

ヤマシタのアシストリグリーダー を解いたら、サルカンにロッドからのリーダーを結ぶ。

エギを下側のスナップに取り付け、上側のスナップにおっぱいスッテを取り付けます。

ケンサキイカ仕掛け

アクションと釣り方

キャスティングして狙いのレンジまで沈めます。表層に浮いている時が有れば、渋い時は底に居る時も有ります。

アクションとしてはアジングの様にリフト&フォールしても良いし、エギングのハイピッチショートジャークでもOKです。

フォールはフリーで誘って、テンションフォールで乗せます。

テンションフォールしててもアタリが分かり辛いんです。滅多に引っ手繰る様なアタリをしませんので、乗ってジッとしてる感じです。次のしゃくりで重みを感じて弾いて乗らないって事が結構有ります。

私が行く釣り場に居られる職人の方は、ライトでティップを照らしたままにしておき、ティップの動きでアタリを取るらしいです。手元に届かないアタリが目で見えるらしいです。この方は確かにいつも沢山釣られております。

まとめ

まとめ

ライトエギングで狙うケンサキイカやヒイカは小さいですけど数釣りを楽しめるターゲットです。とにかくアタリが超繊細でアタリをしっかり取る事が好釣果への道でしょう。

イカは食べるターゲットとしても人気で、どんな料理にしても美味しいですよね。アジング・メバリングタックルでライトエギングやってみませんか。楽しく美味しいですよ!

-ライトエギング, 釣り
-, , , ,