Warning: Undefined global variable $stdata321 in /home/c9545502/public_html/zaltz.blog/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 6855

Warning: Undefined global variable $stdata322 in /home/c9545502/public_html/zaltz.blog/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 6855

Warning: Undefined global variable $stdata323 in /home/c9545502/public_html/zaltz.blog/wp-content/themes/affinger/functions.php on line 6855
キャリーカート用ゴムバンドの交換用はどれを買えば良いのか!?

釣り 釣りアイテム

キャリーカート用ゴムバンドの交換用はどれを買えば良いのか!?

キャリーカート

離島や堤防の釣りで釣具を沢山持って距離を歩かなくてはならない時はキャリーカートが必須となります。

キャリーカートに荷物を固定するにはゴムバンドが必要になりますが、キャリーカートを購入すると基本的にはゴムバンドは付属されています。

付属のゴムは伸びが悪くて固定力が弱い物が多いです。また被覆が破れてゴムがむき出しになったりと安物感が酷いです。

私の付属ゴムバンドは伸びが悪くて、強めに引っ張って固定していたら被覆が破れてしまい、ゴムがむき出しになってしまいました。

交換用のゴムバンドは普通に売っていますが、長さが分からず結構悩みました。

今回は交換用キャリーカート用ゴムバンドを購入しようとしている人に、どれを買えば良いかお伝えしようと思います。

キャリーカート用ゴムバンド交換用

キャリー用ゴムバンド

私はキャリーカートに20リッタークーラーとバッカンを2段重ねにしてゴムバンドで固定しますが、なかなかな重量なのでしっかり固定しておかないと、途中で荷物がズレて面倒な事になってしまいます。

キャリーカートに付属のゴムバンドでも問題は有りませんが、伸びが甘いので固定力が少し弱い感じがします。

付属ゴムバンドの固定力アップに購入するも良し!付属バンドが切れてしまい購入するも良しです!

キャプテンスタッグとは

アウトドア・レジャー関連用品のブランド。バーベキューコンロやアウトドア用の食器にはじまり、テント、シュラフ、クッキングテーブルなどへ展開し、アイテムを拡大。

現在は、サイクリング用品やカヌー用品・ガーデニング用品にまで分野を拡大し、オールラウンドなアウトドアブランドに。

『頂点を目指そうとするあまり、保守的な発想へ傾きかけたり、造作にこだわりすぎて手が届かなくなってしまっては、存在する意味がない』という考えのもと、使いやすさ、購入しやすさをファーストに考え、より快適で、より楽しいアウトドアライフをサポートすべく、総合的な商品展開を目指す。

アウトドアでは超有名なキャプテンスタッグのキャリー用ゴムバンドなら間違い無いと思い、この商品を選びました。

【Amazon.co.jp 限定】キャプテンスタッグ キャリー用フック付コード

  • 製品サイズ:(約)Φ6.5×長さ120cm(1本)
  • 製品重量:80g(1本)
  • セット本数:2本
  • 材質:フック/ABS樹脂、ロープ/合成ゴム(ポリエステル被覆)
  • 原産国:中国

キャプテンスタッグ キャリー用フック付コード 装着例

キャプテンスタッグのキャリー用フック付コードを既に使っていますが、やはり付属のゴムバンドに比べると伸びが全然違います。

良く伸びて荷物をしっかりとした固定が可能になります。

キャプテンスタッグのキャリー用フック付コードには長さが2種類有って、120cmと150cmが有ります。

悩んだんですがこんなに伸びるとは思わず150cmを購入した所、結構余りが出てしまいますので1周以上巻かないとしっかりとした固定が出来ませんでした。

キャリー用フック付コード装着例

写真を見てお分かりでしょうか?1周では固定力が弱いのでコードをUターンさせて強めています。

クーラーボックスとバッカン程度の荷物の固定なら、キャリー用フック付コードの長さは120cmが最適な長さです。

その他バッグ等を一緒に固定しても120cmで十分届きます。

番外編|タイヤチューブバンド

キャプテンスタッグのキャリー用フック付コードは赤色で見た目も良くおすすめなんですけど、固定力としてはもっと最強なゴムバンドが存在します。

私が昔新聞配達をしていた頃、100部近い新聞を自転車に固定していたのが、タイヤチューブのゴムバンドでした。

新聞が100部だと物凄い重量になり、普通のゴムバンドでは完全な固定が出来ず崩れ落ちてしまいます。

しかしタイヤチューブのゴムバンドは強烈な伸びと表面がゴムその物なので滑らず固定力が最強な訳です。

クーラーボックスとバッカンなら少々重い荷物が入っていても完全なる固定で、荷物がズレる事は有りません。

まとめ

まとめ

キャリー用ゴムバンドで付属の物は伸びが悪かったりして、荷物を上手く固定出来ないなら新たに買ってしっかり固定しましょう。

付属のゴムバンドが切れても、購入の必要が有りますね。

移動中に荷崩れすると、とても面倒なので良く伸びてしっかり固定が出来る今回ご紹介のゴムバンドの購入をおすすめします!とても大事な要素です!

タイヤチューブバンドはちょっと見た目が悪いかもしれませんが、伸びと固定力は最強です!

とにかく荷物が重くて荷崩れが多いって人はタイヤチューブバンドが良いでしょう。

キャリー用ゴムバンドは最適な物を使用して、キャリーカートでの移動でストレスを溜めない様にしましょう。

-釣り, 釣りアイテム
-, , ,